最近の記事一覧

ボデイ打ち!! シニア会員 濵野さん健在!!

2022年1月現在も72歳で元気に通われています

まだまだ体力はあります。濵野栄治さんは健在です。

大阪のワイルドビートボクシングスポーツジム 会長

横井大地試合日

横井大地選手の試合

5月30日(日)12時開始

神戸芸術センター

0120-603-533

チケット 指定

10,000円

 

4/14, 4/16のブログを更新しました。

是非ご確認下さい!!

エキサイトブログを更新しました。
https://wbbsg777.exblog.jp/
4/14と4/16のブログを更新しました。
なるほどと思われたら拡散、シェアをお願い致します。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 会長

プロテスト合格(ブログ更新)

A木選手のプロテスト合格のエキサイトブログ更新

https://wbbsg777.exblog.jp/

 

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪 豊中

エキサイトブログ更新しました。

3月2日エキサイトブログ更新

https://wbbsg777.exblog.jp/

ワイルドビートボクシングスポーツジム会長のブログ

ムンギアとエストラーダについて発言

メキシコを代表するプロモーター、サンフェル・プロモーションズのフェルナンド・ベルトラン社長がESPNデポルテスのネット発信番組「ESPN ノックアウト」に出演。傘下の前WBO・S・ウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)とWBC・S・フライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に関して発言した。同時に「むしろあなた方(キャスターたち)の方がよく知っているかもしれないけど、一度ウワサにあがった名前にまだ脈があるなら、ぜひそちらの話もまとめたい」とコメント。WBC、WBO、IBFのミドル級で上位にランクされるムンギアがビッグネームと対戦する可能性があることをほのめかした。ムンギア(左)とプロモーターの まずムンギアが同胞のスーパースター、サウル“カネロ”アルバレスに挑戦するかと質問されたベルトラン氏は「世界王座獲得がピンチヒッターだったから、同じケースでチャンスがあれば、いつでも挑戦させたい。サイズ、パワーがあるし、コーナー(指導陣)も充実している。サウルをリスペクトしているけど、試合が実現すればハイメに勝たせたい」と愛弟子を推した。それでも「これはグレートなカード。我々プロモーターは実現を促進させる責任がある。私はプロモーターとして配下選手の報酬をケアしなければならないけど2人は同じプラットホームのDAZNと契約している。エディ・ハーンとの協同で試合が合意に達することを願っている。私の知るところではDAZNは8月にイベント再開を計画しているようだ」とベルトラン氏。「試合がESPNで中継されてもうれしい」とリップサービスを忘れなかった。またエストラーダvs.ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の可能性を聞かれた同氏は「この再戦はみんなが実現を希望している試合。こちらはいつでも歓迎しているけど、最近5 試合の結果から想像して本心はエストラーダ戦を望んでいないように見える」とロマゴンに牽制球を投じた。

 

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

世界チャンプの出たジムが閉鎖

ボクシングの元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高氏(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジムは95年に日本人初の世界王者である故白井義男氏を名誉会長、国内最多の世界王座13回連続防衛の記録を持つ具志堅氏を会長に設立。具志堅氏を慕い、沖縄出身の選手が多く所属してきた。そしてついに17年5月には比嘉大吾がWBC世界フライ級王座を獲得しジムとして5回目のの挑戦で、男子世界王者が誕生したのであった。

しかし、比嘉は18年4月の3度目の防衛戦で計量失格により王座を剥奪され、日本ボクシングコミッションからボクサーライセンスの無期限停止処分を受けた。この試合後には、比嘉がデビュー以来タッグを組んできた野木丈司トレーナーがジムを退職。今年2月に再起を果たした比嘉も、ジムとの契約を更新せず、3月11日付でジムを離れた。4月には、長年トレーナーを務めてきた元WBC世界ライトフライ級王者友利正氏も退職。そのジムも5月6日、7月31日でジムを閉鎖すると発表した。具志堅会長はホームページ上で「気力、体力ともに、これまでのように情熱を持って選手の指導に当たるには難しい年齢になったこともあり、ここが潮時と決断いたしました」とコメント。所属選手については「最後まで責任をもって移籍先を見つけます」とした。

これまでにも所属選手の移籍も増えており具志堅会長は、今後について「私にできることがありましたら、別の形でボクシング界に携わらせて頂ければと思っております」と付け加えた。

 

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

MTG社と井上尚弥選手がパートナーシップを締結

内容だった。 既に井上に対し、自宅でトレーニングできるSIXPAD製品を提供しているMTG社は「製品やサービスだけでなく、開発に携わる様々なプロフェッショナルの知見などを提供することで、井上選手のトレーニングをトータルにサポートしていきます」としている。

 SIXPADは筋肉に直接電気を流してトレーニング効果を高めるトレーニング・ブランド。2015年に登場し、ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオとサッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドとパートナーシップ契約を結んできた。

「『SIXPAD』からサポートをいただくことになり、世界No.1を目指すという共通の夢に向かって、共に歩んでいくことを楽しみにしています。僕の自宅やジムにも、『SIXPAD』を導入していただいたので、オフの時間での「家トレ」もはかどると思います。ここまで、幸いなことに世界王者のタイトルを獲得してきましたが、僕の夢はまだまだこれからで、道はどんどん険しくなってくると思っています。さらに良いボクサーになるために、より効率的なトレーニングを追求していきます」と井上はコメントしている。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

IBF世界スーパーバンタム級暫定王者岩佐亮佑があげた一撃

一発のパンチですべてが変わるボクシング。選手、関係者が「あの選手の、あの試合の、あの一撃」をセレクトし、語ります。現ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(32=ウクライナ)の「心を折る軽打」。世界が注目した「五輪2大会連続金メダリスト対決」で、ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を翻弄(ほんろう)した戦いを語りました。相手の頭を触るような「パチ、パチ、パチ」という軽いパンチが、見ていて恐ろしく、芸術的とさえ感じました。あのリゴンドーに何もさせなかった。すごい試合でした。

試合VTR 17年12月9日、米ニューヨークで、08年北京五輪、12年ロンドン五輪金メダルのWBO世界スーパーフェザー級王者ロマチェンコが、00年シドニー五輪、04年アテネ五輪金メダルのリゴンドーの挑戦を受けた。高い技術戦が期待されたビッグマッチだったが、「ハイテク」の異名を取るロマチェンコが、その強さを見せつける展開となった。ジャブの差し合いで早々にペースを握ると、2回以降は手数を重視した軽いパンチと、出入りのスピードでリゴンドーを圧倒。一方的な展開で迎えた6回終了時に「キューバの英雄」が棄権を申し出た。これにより、ロマチェンコは、4試合連続で相手の棄権によるTKO勝ち。相手に何もできない絶望感を与える、その強さが際立つ一戦となった。選手目線で見れば、学ぶべきところが多いですね。たとえばメイウェザーやハメドの動きはまねできませんが、ロマチェンコはできる。アマチュアのような戦いで、プロでも新たな形をつくりだしたロマチェンコ。学ぶべきところは多いですし、少しでも自分のものにしていきたいですね。ロマチェンコの特徴は、一発の強さはないですが、すべての種類のパンチを打てること。そして、相手の周りをぐるぐる回りながら、常に相手を触り続ける。一般受けする選手ではないかもしれませんが、対戦相手からすると、崩しにくい、本当に戦いにくい選手だと思います。ベースにあるのは運動量で、どれだけ動くんだというぐらい徹底して足を動かし、出入りのボクシングでペースをつかむ。防御も、ガードをしっかりして、上体の動き、膝の沈め方でパンチをかわす。ナチュラルな「天才」というより、基本を忠実に追い求め、努力でつくりあげた「天才」だと思います。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

4月25日ニカラグアで興行再開される

ニカラグアで興行再開、マスク姿でフェイスオフ 

 明日25日(日本時間26日)中米ニカラグアのマナグアのアレクシス・アルゲリョ・スポーツセンターでゴングが鳴るイベントの計量が24日行われた。

計量はオフィシャル陣、選手、メディア出席のもとで開催され、フェイスオフはマスクを着用して行われた。新型コロナウイルスの感染拡大で3月中旬を最後に世界中で興行が中止されている中、明日のカードは先陣を切って挙行される。マスコミもジム関係者もすべてマスクを着用し観客数も制限されて行われメインのライト級10回戦はラミロ・ブランコ(ニカラグア)が134.6ポンド(61.05キロ)、相手のロビン・サモラ(ニカラグア)がリミットの135ポンド(61.23キロ)でクリアした。昨年10月にサモラが2回TKO勝ちを納め、ブランコには雪辱戦となる。

 またセミ格のS・ライト級1ポンド超141ポンド(63.96キロ)契約の10回戦は、元世界ランカーのフレディ・フォンセカ(ニカラグア)が140.4ポンド(63.68キロ)、相手のアライン・アギラル(ニカラグア)は139.6ポンド(63.32キロ)を計測した。

 ニカラグアは国内の新型コロナウイルス感染者数が11人、死亡が3人と他国に比べて被害が少なく、安全対策を十分施した上での試合開催が国から許可された。試合の模様はESPNノックアウトという番組でラテンアメリカの国々へ中継されるようになっている。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 会長

無料体験からはじめてみませんか?