ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
ダイエットボクシングはこちら

最近の記事一覧

井上尚弥選手はノニト・ドネア選手との決戦で判定を想定の走り込み

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝を控えWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が5階級制覇王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)との判定決着を想定した走り込み合宿を17日から開始し長野・軽井沢でキャンプをスタートさせた・・・午前練習では15キロを走り過酷なダッシュメニューを消化して持久力をアップさせることを目標としている。

今回の合宿テーマについて井上は「ちょっと長いラウンドに備えて長距離のランニングメニューになる。長丁場を想定している」と12回のフルラウンドを意識して走り込むことを明かした。通常の合宿で組み込まれている階段ダッシュなどをしない代わりに平面を走って心肺機能も上げていくことを念頭に置いているようである。

昨年5月、WBA世界バンタム級王座を獲得したマクドネル(英国)戦で1回TKO勝ちを収めたことを皮切りに同級では3試合で計4回(441秒)しか戦っていないためプロキャリアでの長丁場の戦いが遠のいている為、フィジカル面を強化する為に20日までの3日間で1日30キロ、計90キロを走るプランを組んでいるようである。

井上選手のコメントでは「練習メニューについては話し合って決めています。暑いとトレーニングに集中できないので、軽井沢はトレーニングに最高ですね」と過酷な合宿を乗り切ることで精神面の充実も考えているようでまた一皮剥けた井上尚弥が見られそうである。

明日12日女子W世界戦(後楽園ホール)

ボクシング女子W世界戦の計量が本日9月11日に東京のJBC事務局で行われた。

IBFアトム級王者花形冴美(34=花形ジム)はリミットの46・2キロ、前WBO王者の挑戦者池山直(49=フュチュールジム)は45・8キロでクリアしWBA同級は正規王者モンセラット・アラルコン(25=メキシコ)が45・5キロ、暫定王者宮尾綾香(36=ワタナベ)が46キロでクリアした。

試合は明日12日に東京後楽園ホールにて両陣営のそれぞれの戦いが繰り広げられる。

花形選手と池山選手は過去2度引き分けており2年ぶり3度目の対戦となりこの試合が明暗を分ける大事な決戦となる。花形は「とにかく明確な勝利で、因縁に決着をつける。苦しめてくれた思いに、借りを返したい」と気持ちを新たに引き締めていた。昨年9月の王座獲得は、5度目の挑戦での悲願だった。初防衛戦となるこの試合では「王者になって気持ちが変わった。いい意味で余裕ができ、楽しんでいこうと思うようになった」と落ち着いた口調で話す。三度目の正直で明らかな勝利を掴み因縁の対決に終止符を打ちたいところだ。

池山選手は前王者時代に6度防衛している中での花形と2度引き分けたのでルール上はチャンピオンの防衛となったが今度は挑戦者側からの立場となるため引分では返り咲きにならずベルトはまくことがが出来ない。池山選手のコメントでは「花形選手の熱い思いを受け止めて、はね返したい。立場が変わり、引き分けは負けなので勝ちにこだわる」と言い9月18日には50歳となる大ベテランだが、最近は2敗2分けと勝ちがないが「最初から前に出て、自分のボクシングを貫く。2本目のベルトをとる」と気合を入れていた。

一方、当初昨年11月に世界タイトルの予定がWBA女子アトム級王座統一戦王者アラルコンのヒザのケガで中止となり宮尾は代わりに設定された暫定王座決定戦で、池山との再戦を制して暫定ながら王者に返り咲いた。「この1年はアラルコンのことを考え、生きてきた。ベルトは置いていってもらいます」と決意を語った。

宮尾選手は2016年の池山戦では右ひざ前十字靱帯(じんたい)を断裂し1年半のブランクを作ったがプロ生活は15年を越え「太く短くが長くなったが、もっと太くしたい。4団体のベルトを統一する。その1本目のベルト。あくまでも夢でなく目標」と同級制圧を公言していた。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

世界ライト級3団体統一戦 結果(ボクシング)

日本時間9月1日)会場、英ロンドン・O2アリーナで行われた

2団体チャンピオンのワシル・ロマチェンコがWBC同級1位のルーク・キャンベルを破りWBAスーパー、WBOスーパー、WBC世界ライト級タイトルの3団体統一に成功した。試合は11回にダウンを奪うなど主導権を握り続けて3-0(119-108、119-108、118-109)の大差で判定勝利しWBO王座2度目の防衛、WBA王座3度目の防衛、WBC王座獲得にも成功した。

サウスポー同士の対決であるこの試合、身長差約5センチ、リーチ差14センチの体格的な数字を感じさせることなく、ロマチェンコが攻勢に出て速い右ジャブでキャンベルをのけぞらせて主導権を握り、ときおり強烈な左ストレートをヒットさせて11回にはボディーへのコンビネーションでダウンを奪った。

アマチュアの金メダルを取ったときから7年ぶりの英国のリングで3団体統一に成功した。

ロマチェンコのコメント「3本目のベルトはうれしい。素晴らしい試合を見てくれてありがとう。次はIBFのベルトを狙いたい」と誇らしげに笑みを浮かべ次のビッグマッチへの意欲を口にした。。今後は4団体統一に向け、残るIBF王座に照準を絞ることにロマチェンコは「また英国でファイトしたい」と大観衆の声援に応えていた。

オリンピック金メダリスト対決を制したロマチェンコは14勝(10KO)1敗、負けたキャンベルは20勝(16KO)3敗となった。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

 

9月1日 世界ライト級統一戦

ボクシング最速3階級制覇王者でWBO、WBAスーパー世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコがWBC同級1位ルーク・キャンベルと日本時間9月1日英ロンドンのO2アリーナで対戦する。3団体統一戦として行われるこの一戦は会見ではロマチェンコがWBA、WBOベルトを守る防衛戦としてキャンベルと戦い、もう一つはWBCの王座決定戦としてロマチェンコとキャンベルが戦うとしている。

そしてオリンピック金メダリスト対決となり08年フェザー級、12年ライト級で金メダルを奪ったロマチェンコに対しキャンベルは12年バンタム級金メダリスト。

現在、米老舗専門誌「ザ・リング」によるパウンド・フォー・パウンドランキングで1位に君臨するロマチェンコ。オッズでも大差でロマチェンコがリードしており3団体の統一王者に一歩王手をかけている感じである。

下は過去の金メダリスト同士の対戦結果である。

1965年11月 WBC・WBAヘビー級
王者モハメド・アリ(米)[TKO12回]挑戦者フロイド・パターソン(米)

1971年3月 WBC・WBAヘビー級
王者ジョー・フレージャー(米)[判定]モハメド・アリ(米)

1973年1月 WBC・WBAヘビー級
挑戦者ジョージ・フォアマン(米)[TKO2回]王者ジョー・フレージャー(米)

1974年10月 WBC・WBAヘビー級
挑戦者モハメド・アリ(米)[TKO8回]王者ジョージ・フォアマン(米)”

1975年10月 WBC・WBAヘビー級
王者モハメド・アリ(米)[TKO14回]ジョー・フレージャー(米)

1978年2月 WBC・WBAヘビー級
挑戦者レオン・スピンクス(米)[判定]王者モハメド・アリ(米)

1978年9月 WBAヘビー級
挑戦者モハメド・アリ(米)[判定] 王者レオン・スピンクス(米)

1997年4月 WBCウェルター級
挑戦者オスカー・デラ・ホーヤ(米)[判定]王者パーネル・ウィテカー(米)

2002年6月 WBOヘビー級
王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)[TKO6回]挑戦者レイ・マーサー(米)

2013年10月 WBAスーパー・IBF・WBOヘビー級
王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)[判定]挑戦者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア=WBA正規王者)

2017年4月 IBF・WBAヘビー級・スーパー王座決定戦
IBF王者アンソニー・ジョシュア(英)[TKO11回] 挑戦者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)

2017年12月 WBO・S・フェザー級
王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)[TKO6回]ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)

現在の下馬評ではロマチェンコの優位が報道される中、ボクシングの歴史に残るような好ファイトはビッグファイトは果たして実現するのであろうか? それにはキャンベルの奮闘がこの戦いの大きなキーポイントになりそうである。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

 

WBO世界フライ級はチャンピオンの田中恒成選手が7回TKO勝ち! 

8月24日名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで行われた世界フライ級タイトルマッチはチャンピオンの田中恒成選手が挑戦者1位ジョナサン・ゴンサレス選手(プエルトリコ)に7回2分49秒TKO勝ち。2度目の防衛に成功した。

 3階級制覇王者の田中が地元に指名挑戦者を迎えた。田中より8センチ背が低いサウスポーのゴンサレスは自分から攻めず、下がりながらカウンターを狙うボクシング。田中はジワジワとプレスをかけるが、打とうとする前に打たれたりその逆もあったりとスピードのあるゴンサレスはいきなりの左で田中に迫った。

これに対し田中は3回に右をボディに集めて攻略を試みた。ラウンド終盤、タイミングの良い右ボディをカウンターで決めると、ゴンサレスがダウンした。

 ゴンサレスは4回、一転して手数を増やし、出入りのボクシングを展開する。コンビネーションで攻める挑戦者に対し、田中も攻めていくがミスブローが多い。ラウンド終盤、コーナーを背負ったゴンサレスの右フックが田中の首にはいると、田中が尻もち。バランスを崩しただけのようにも見えたが、主審はダウンを宣告した。
その後も追うチャンピオンに対してカウンターの挑戦者という展開が続き後で蓋を開けてみると6回を終えた時点でチャンピオンが劣勢になっていた。
続く7回、それでも捕まえられる地震があったのであろうチャンピオンがボディ攻撃を更に多用し始めそれが利いてきたのであろう上への攻撃もあたるようになり空いたボディをまた狙って決まり挑戦者がまたダウン・・・計3回のダウンで続行不能とみなされレフリーが試合を止めた。

もっと上のボクシングを目指すというなら万全な状態を前提にしたいところだが8月に入ってから風邪を引いてしまい調整面でミスが生じたことを明かしたがチャンピオンは「試合はよくなかったけど、試合に向けて取り組んできたことは本当によかった」と前向きな発言をしていた。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

 

WBOフライ級タイトルの挑戦者ゴンサレス選手の副業はカジノディーラー

WBO世界フライ級王者田中恒成選手に挑む同級1位ジョナサン・ゴンサレスが20日、名古屋市内の畑中ジムで練習を公開しその後の取材に応じ副業はカジノのディーラーであることを公表していた。仕事の経験は約3年でブラックジャックとポーカーを専門で携わっているようである。
キッカケは自身がお客の時に勝ったことをきっかけに仕事としてやり始めたそうで今はもちろんボクシング中心の生活だがボクシングを辞めた後の人生を考えてこの副業をしていると話していた。
夜遅くまでディーラー仕事ををした後に睡眠をとって、その後ジムワークをする日々を送っている。関係者によると17日に来日したが“夜型”のおかげで13時間に及ぶマイナスの移動でも時差ぼけは全くないようである。
「私はこの12週間、完璧なジムワークをこなしてきたので、日本でやるのウエイト調整と体調管理だけ」とタイトル奪取には自信のコメントであった。マスコミから「田中選手はあなたの持ち味のスピードよりさらに上のスピードで試合をコントロールしてKOすると言っています」と聞くと、拍手しながら「スポーツは何が起こるかわからないけど、KOするという人ほど違う結果になっているので無論、私が勝ちます」と笑っていた。
公開練習では縄跳びとシャドーボクシングとミット打ち等を行ったが内容は時に鼻歌まじり、見守った田中陣営の畑中清詞会長(52)に話し掛けるなどリラックスムードだったが、汗はシッカリとかいていた。

父である田中斉(ひとし)トレーナーの視方では[中南米特有の明るさはあり仕事がらインテリジェンスや駆け引きに長けていると言いたいみたいやけど…注意をするところは調子に乗らせたらあかんということぐらいで恒成が劣ってるとこは、ひとつもない]と自信満々で話していた。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

8月24日は田中恒成選手のWBOフライ級V2戦

実力派の3階級制覇チャンピオンの田中恒成が8月19日、WBOフライ級王座の2度目の防衛戦に向けて名古屋市内のジムでで公開練習を行ったようです。チャンピオンの田中恒成選手は8月24日、武田テバオーシャンアリーナで挑戦者1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)を迎えての防衛戦となります。

調整は順調にいっていると田中選手と畑中会長

 通算8度目の世界戦で対戦することになった初めてサウスポー相手の対策としてフィリピン人二人のパートナーを招き、スパーリングを重ねて対サウスポーに備えてきた。減量の影響と疲労のピークからか、ややかすれ声のチャンピオンは「問題ないです」と短くて力強い応えが返ってきた。

 3階級制覇を達成した昨年9月の木村翔(青木)、3月の田口良一(ワタナベ)は、ともに元チャンピオンでガッツのあるファイタータイプの選手だった。この両者に対し、田中はボクシングでさばくのではなく、どちらかといえばあえて打ち合って勝利を収めた。

いわばパワフルなところを見せ、これまでの田中のイメージを過去2戦に於いてはいい意味で覆した。一転、ゴンサレスに迎えるにあたって掲げたテーマは「スピード」だ。田中は「スピードのある選手にスピードで上回って必ずKOで勝ちたい」と予告。「(パワーとスピードを)うまく使い分けたい」とも語り、本来の武器であるスピードと、この2試合で培ったパワフルなアタックを融合させてKO狙うつもりのようである。

チャンピオンのミット打ちは疲労のピークでも相変わらず速かったそうである。

19日はシャドー、ミットとも各1ラウンドを披露しただけで公開練習を終了し甲子園で準決勝進出を決めた母校、中京学院大中京高(岐阜)の活躍に「ありきたりだけど、オレもがんばろうと思った」と。

イメージ通りの戦いでチャンピオンがV2戦を飾ることができる事を期待したいと思います。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

8月10日の自主興行

尼崎エーリックホールで8月10日に開催をしましたプロボクシングの自主興行は無事問題もなく終了しました。

当ジム所属の古庄剛士選手は1年以上ののブランクを空けてカムバックし7戦目にして初勝利を手にしました。詳細については色々ありますがまずは本人にとっては大きな1勝であったと思います。

一発筆頭のハードパンチを持ちながら気持ちの面が反比例しており、ほんの少しですがパンチと気持ちが歩み寄ったような感じでした、次回はパンチと気持ちが正比例に近づけるように精進してまたの勝利をつかみ取ってほしいと思います。

セミファイナルの前に入れた葛山 塁(小2)のミット打ち1Rは観客の受けが良く皆さんが”オー”と声を上げたり拍手もいっぱい戴きこれはこれで盛り上がったと感じましたので良かったと思います。

メインの全日本新人王対決は白熱のある打ち合いが展開され、前半は亀山選手で後半はボディ攻撃を多用して仕掛けた井上選手がポイントを追い上げ勝利を納めました。

来年もこの時期にまた興行をしようと計画はしているので今度はまたもっと良いカードでワイルドビート所属の選手ももう少し出場させていきたいと思っています。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

8月4日 日本スーパーフライ級タイトルマッチ観戦(エディオンアリーナ 大阪)

8月4日はエディオンアリーナ大阪で行われた日本スーパーフライ級のタイトルマッチの試合観戦に出かけた。

メインの10回戦を柱として8回戦数組6回戦4回戦と中々中身の濃い興行であった。

メインは大阪同士のジムであったが後は東京やインドネシアなど他方面からの選手が参加し大いに盛り上がった。

6回戦と8回戦も技術戦で中々の好試合も各1試合はあった。

タイトルマッチの10回戦はチャンピオンの奥本貴之選手がパンチのパワーは感じられないものの要所要所でコンビネーションを決めてポイントアウトしていきダメージも相手のダイナミック健次選手に徐々に与えていったと思う。

見ていて特に良かったが左のジャブ・・・サウスポーなので後ろの手になるのだが切れのあるパンチを腰の回転をあまり使わず的確に当てていた・・・ボディと上下の内訳・・・そこから数発のコンビネーションも決めていた…そして左を打ってのサークリングでのポジション移動もよく使っていた・・・ダイナミック選手も頑張ったが全体的に試合を支配していたのはチャンピオンの奥本選手であったと思う。

 

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

ダイエット会員田中君、スパーリングもやっています。

当ジムのダイエット会員さん田中君の声

最初は107キロあった体重が今は95キロ以下まで下がってきました。

体重が下がり始めるのに一か月くらいったった頃から少しずつ減り始め最初の5㌔はあっという間で約一年ほどで10キロ近くいき、今現在も進行中で大変期待をしています。

学生の時はラグビー部員でしたが88㌔以下でした。

社会人になって運動不足で少しずつ体重が増えていってしまい何とかしたいとワイルドビートボクシングジムさんにお世話になりました。

元々はダイエットで入会したのですがいつの間にか実戦練習であるマスボクシングやスパーリングもやるようになり、なお一層ダイエット効果も上がっている気がします。

練習もミット打ちや実戦練習も楽しいのでダイエット効果も大きいので大変喜んでいます。

大阪|豊中のプロボクシングジムはここだけなのでやはりプロトレーナーが指導してくれるのでたいへんいろんなことが参考になり助かっています。

ワイルドビートボクシングジムダイエット会員(田中隆行)豊中市在住

無料体験からはじめてみませんか?