ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
ダイエットボクシングはこちら

最近の記事一覧

ボクシング界が防犯に一役

ボクサーがロードワークで街を守る! プロボクシング協会と全国防犯協会連合会がタッグ

村田諒太選手の世界戦が発表される(ボクシング)

12月23日に横浜アリーナでボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太選手が、WBO世界同級1位スティーブン・バトラー選手と初防衛戦に臨むことが16日、発表された。

現在の主要4団体のミドル級のチャンピオンは以下の通りです

WBCフランチャイズ サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)
WBC ジャモール・チャーロ(米)

WBAスーパー サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)
WBA 村田諒太(帝拳)
IBF ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
WBO デメトゥリアス・アンドラーデ(米)

KO率8割を誇る強打の挑戦者スティーブン・バトラー選手とのKO決着必至のV1戦に勝利し、競合ひしめくミドル級のビッグマッチに繋げていきたいチャンピオン村田諒太・・・。

またこの日はWBC世界ライトフライ級王者拳四朗の2団体王座統一戦となるV7戦のタイトルマッチと元3階級制覇王者八重樫東のIBF世界フライ級王座挑戦のトリプル世界戦となる。

王者として迎え撃つ気持ちが高まるのはKO率8割を超える好戦型のバトラーとはKO決着が予想されるV1戦になるため・・・。村田選手のコメントは「彼は打たれて強くないが、その分パンチがある。(KOは)期待できるんじゃないですか。かみ合うし、面白い試合になる」と自信とも取れる発言をした。

WBO1位など主要4団体で世界ランク入りするバトラーに勝利すれば村田自身の商品価値も上がる。村田選手のコメントも「WBOの指名挑戦権を持つ評価された選手。彼に勝つことで自分の評価を上げる試合にしたい」と大きなメリットがあることを口にした。来年には、IBF王者ゴロフキン(カザフスタン)やWBAスーパー、WBCフランチャイズ王者アルバレス(メキシコ)という世界的な人気を誇るトップ級との試合に絡んでくる可能性があるためこの試合はそういう意味でも大事な試合となる。

村田選手は「日本人のプロボクサーとして、ある程度の名声をいただいたが(世界的な)トップ・オブ・トップではない。それを目指したいのが正直な気持ち」とコメント。

勝って生き残る。サバイバル戦の気持ちに変わりない。「もっとやりたいこと、かなえたい夢があるので、その夢をかなえる1歩にしたい。必ず面白い試合をします」と19年最後はこの試合に集中して何が何でも勝利する。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

ゴロフキンが新王者!!デレビヤンチェンコに判定勝ち!!

IBF世界ミドル級決定戦は新チャンピオンにゴロフキン

採点は3-0(114-113、115-112X2)でゴロフキンの判定勝ち。1~2ポイントという僅差の勝利となり、試合後はデレビヤンチェンコとの再戦に応じるような対応も見せた。新王者のゴロフキンはこれで40勝(35KO)1敗1分け。負けたデレビヤンチェンコは13勝(10KO)2敗の通算戦績となった。

立ち上がりはゴロフキンが1回に左フックをこめかみにヒットさせた後に連打を浴びせてダウンを奪い続く2回にも強烈な左フックで相手右目上カットに追い込んだ。試合の主導権を握ったようにみえたが・・・そのあとデレビヤンチェンコが手数多く追い上げてきたのをゴロフキンは止められなかった。更に5回には左ボディーを打たれ一瞬後退するシーンもあり一進一退の展開が続き判定結果を耳にするまでゴロフキンは勝ちを確信できないような表情をしていた。

デレビヤンチェンコとの再戦が持ち上がる中、IBF王者となったゴロフキンの今後の注目は20年5月にもWBAスーパー、WBCフランチャイズ世界同級王者サウル・アルバレス(メキシコ)との3度目対決。アルバレス戦を問われた新IBF王者は「まだ私はカネロ(アルバレスの愛称)戦を希望している。誰にでもオープン。この階級にはたくさんの素晴らしい王者がいる。カネロに連絡してください。彼がイエスといったらやろう」と意欲を示した。

一方の僅差で敗れたデレビヤンチェンコは「(流血で右目は)時々、見えなかった。彼は目を狙っていたが、言い訳にしたくない。最善を尽くした。可能であれば再戦をお願いしたい。準備はできている」と希望していた。両選手ともに試合後会見を見合わせて両陣営のトレーナーとプロモーターのみが対応する形になったのは激戦を終えたダメージが大きかったということは言ううまでもない事である。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

10月1日(大阪エディオンアリーナ開催)プロボクシング世界戦テレビ観戦

10月1日大阪市内のエディオンアリーナで行われたプロボクシングWBA世界L.フライ級タイトルマッチを帰ってから豊中の自宅で夜中にYOUTUBEをテレビで観戦した。

スーパーチャンピオン京口選手と挑戦者久田選手は打ち合いの多い激戦であったし素晴らしい好試合であったと思う・・・結果は3~6ポイント の3-0で京口選手の判定勝ちでした。

しかし9回のダウンシーンを除けば一進一退の攻防が続いたと思う・・・チャンピオン京口選手が試合後に見せ方(ジャッジアピール)のことを言っていましたがその辺り、京口選手の発言通り上手く魅せていたと思います。ジャブはダブルトリプルと多く使っていたのもダメージの少しずつの蓄積もさることながら攻めてる感が出ていたと思います。

久田選手にとって一番もったいなかったのは2Rにダメージを与えるようなパンチを2発ヒットした後・・・京口選手はバランスも崩しロープ際まで後退した・・・しかし右手を上げて良いパンチを当てたアピールをして直ぐに追い打ちをかけず攻めなかった・・・恐らく・・・あそこで直ぐにコンパクトに連打をまとめ打ちすればKO勝ちもありえたかもしれないし、逃したとしてもその後の展開に影響を及ぼすようなダメージを与えられたかもしれない・・・と思っています。

結果がすべて・・・けど両者の気持ちのぶつかり合いで凄い好試合であったと思います。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

今、ゆうさは・・・

豊中勇左の現在は大阪市の東淀川から豊中の当ボクシングスポーツジムまでぽつぽつ通ってきている。

4月に大阪市の淀川で開催のプロボクシングの試合であっけなくKO負けをした豊中勇左選手・・・試合前から膝の調子が悪くロードワークもできず喘いでいた・・・プロ選手として先を考えて傷んでいる半月板の手術を決めた・・・

色々と検査をして6月後半に手術を行った・・・8月の後半からリハビリがてら顔を出している・・・具体的なボクシングの練習は出来ないがブリッジやそれ以外の膝に負担が掛からないメニューを熟しに週3回程ジムに来ている・・・2戦1勝(1KO)1敗(1KO)・・・恐らく技術的にも身体能力的にも素質云々は過去のワイルドビートのボクシング選手をみてもトップクラスのワースト選手・・・しかしボクシングに向き合う姿勢もトップクラスで・・・呑み込みが遅い分、反復練習も繰り返しやる・・・何とか強くなりたい一心で膝の手術も決めたのである・・・先のことはわかりませんが何とかB級、A級と上げてやりたいと思っています。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

9月24日王者の京口選手は所属のボクシングジムで最後のスパーリング

ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人選手が9月24日都内の所属ボクシングジムで最後のスパーリングを行った。10月1日大阪難波にある(エディオンアリーナ大阪)で久田哲也選手との2度目の防衛戦に向けての大事なスパーリングで調子の良さをアピールした。

同級の日体大3年生のアマチュア選手を相手に3回を行う予定だったが、内容は1回から強烈なワンツーが決まりその後も一方的に追う展開となり、途中で相手選手の鼻血が止まらなくなり2回後半でスパーリングはストップとなった。元々力の差はあったものの、KO勝利へのいいスパーリング内容となったようである。

2日前の22日、11月に(WBSS)決勝を控える井上尚弥(大橋)と会食し高級肉をごちそうになったと話し、そのなかで年内にプライベートで海外旅行に一緒に行くことを約束したことも明かした。先に勝って、強敵ドネアと対戦する井上選手に良い形でバトンを渡すつもりだ。

25日に大阪入りし、市内のジムで最終調整を行う。故郷の大阪での試合はプロデビュー戦と3戦目に経験しているがそれ以来の約3年ぶりの凱旋試合となり今回の試合には800人を超える応援が来てくれる予定で「ばっちし勝って、大阪のファンにアピールしたいです。いい勝ち方します」。と心身ともにパワーアップし成長した姿を浪速のファンに見せる意気込みを口にした。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

試合会場で異例の公開練習(スパーリング)

 WBA世界L・フライ級タイトルマッチ(10.1大阪市エディオンアリーナ大阪)でスーパー王者、京口紘人(ワタナベ)に挑戦する同級1位、久田哲也(ハラダ)が23日、同アリーナ第2競技場で行われた真正ジムの興行のメイン前に公開練習を披露した。世界戦の公開練習が一般ファンの前で行われるのは関西のリングでは初めて。

 1日12ラウンドのスパーリングをこなすなど精力的に練習を積み、ほぼ仕上がっている様子。「いまは疲れを抜いているところですが、しっかり動けたのがよかった」とリング上でコメント。

京口撃破に静かな闘志を燃やす久田選手が同門のS・フライ級、浅海勝太と2ラウンドのスパーリング。試合まで1週間とあってフルパワーのパンチは繰り出さなかったが、要所で右アッパーを放つなど京口との「大阪決戦」に向けて磨きをかけているコンビネーションをみせた。

 

軽めのスパーながらコンビネーションも披露した久田選手(右)

試合展開については「打ち合いになると思うし、熱い気持ちでキャリアをしっかり試合で生かしていきます。KOで世界を獲り、歴史に名を残したい」と観客にアピールした。試合当日、久田応援団は600人が声援を送るという。

 観客からの「世界王者になって一番したいことは」の質問には「これまでずっと家族に支えてもらっているので、妻と3人の娘にリングに上がってもらい喜びを分かち合いたい」。46戦目での世界初挑戦の苦労人だけに家族思いの言葉が出た。

地元の地元のリングで家族のパワーをもらってやっとつかんだ大きな舞台で世界のベルトを巻くことができるよう頑張ってもらいたい。

「スキルいかせば勝てる」 とカネロ同時3階級制覇への挑戦!!

 ミドル級統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)がWBO世界L・ヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に挑むタイトルマッチのプレゼンが18日(日本時間19日)、ロサンゼルスのダウンタウンにあるユニオン・ステーションで開催された。注目の一戦は11月2日ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナでゴングが鳴ることが発表された。

見た感じでは二人の体格差はかなりありそうだが・・・階級の壁をどう克服するか?

メディアのインタビューにカネロは「この試合はタイトルを獲得することが重要になる。4階級目のタイトルで3階級(ミドル級、S・ミドル級、L・ヘビー級)同時制覇が目標」と発言。そして「スパーリングは(コバレフと同じ)体重、スタイル、身長を持つスパーリングパートナーを呼んで体格の感覚を徐々に慣れるようにすることが重要だと考えているようだ。

続けてカネロは「当然アドバンテージは彼にある。フィジカルが違う。でも自分のスキルを生かして戦えば勝てる。そのタイプのウエート設定は重要ではない。体重が増せばそれだけ耐久性もパンチもいっしょについて来るから」とカネロ。噂されたキャッチウエート(両陣営合意による体重設定)を否定。L・ヘビー級リミット175ポンドの試合であることをアピールした。

 一方コバレフはカネロとの対戦の連絡をもらった特に一つ返事でOKと答えたそうで「11月2日までは期間が短いけれど前の試合後は3週間休んでトレーニングを開始したので大丈夫、これは自分のキャリア最大の挑戦になる」と大物との対決に意気込みを見せた。

4階級目のタイトルを飛び級で挑戦するカネロは階級の壁を越えてタイトルを奪取できるのか?

注目の一戦となりそうである。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

井上尚弥選手はノニト・ドネア選手との決戦で判定を想定の走り込み

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝を控えWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が5階級制覇王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)との判定決着を想定した走り込み合宿を17日から開始し長野・軽井沢でキャンプをスタートさせた・・・午前練習では15キロを走り過酷なダッシュメニューを消化して持久力をアップさせることを目標としている。

今回の合宿テーマについて井上は「ちょっと長いラウンドに備えて長距離のランニングメニューになる。長丁場を想定している」と12回のフルラウンドを意識して走り込むことを明かした。通常の合宿で組み込まれている階段ダッシュなどをしない代わりに平面を走って心肺機能も上げていくことを念頭に置いているようである。

昨年5月、WBA世界バンタム級王座を獲得したマクドネル(英国)戦で1回TKO勝ちを収めたことを皮切りに同級では3試合で計4回(441秒)しか戦っていないためプロキャリアでの長丁場の戦いが遠のいている為、フィジカル面を強化する為に20日までの3日間で1日30キロ、計90キロを走るプランを組んでいるようである。

井上選手のコメントでは「練習メニューについては話し合って決めています。暑いとトレーニングに集中できないので、軽井沢はトレーニングに最高ですね」と過酷な合宿を乗り切ることで精神面の充実も考えているようでまた一皮剥けた井上尚弥が見られそうである。

明日12日女子W世界戦(後楽園ホール)

ボクシング女子W世界戦の計量が本日9月11日に東京のJBC事務局で行われた。

IBFアトム級王者花形冴美(34=花形ジム)はリミットの46・2キロ、前WBO王者の挑戦者池山直(49=フュチュールジム)は45・8キロでクリアしWBA同級は正規王者モンセラット・アラルコン(25=メキシコ)が45・5キロ、暫定王者宮尾綾香(36=ワタナベ)が46キロでクリアした。

試合は明日12日に東京後楽園ホールにて両陣営のそれぞれの戦いが繰り広げられる。

花形選手と池山選手は過去2度引き分けており2年ぶり3度目の対戦となりこの試合が明暗を分ける大事な決戦となる。花形は「とにかく明確な勝利で、因縁に決着をつける。苦しめてくれた思いに、借りを返したい」と気持ちを新たに引き締めていた。昨年9月の王座獲得は、5度目の挑戦での悲願だった。初防衛戦となるこの試合では「王者になって気持ちが変わった。いい意味で余裕ができ、楽しんでいこうと思うようになった」と落ち着いた口調で話す。三度目の正直で明らかな勝利を掴み因縁の対決に終止符を打ちたいところだ。

池山選手は前王者時代に6度防衛している中での花形と2度引き分けたのでルール上はチャンピオンの防衛となったが今度は挑戦者側からの立場となるため引分では返り咲きにならずベルトはまくことがが出来ない。池山選手のコメントでは「花形選手の熱い思いを受け止めて、はね返したい。立場が変わり、引き分けは負けなので勝ちにこだわる」と言い9月18日には50歳となる大ベテランだが、最近は2敗2分けと勝ちがないが「最初から前に出て、自分のボクシングを貫く。2本目のベルトをとる」と気合を入れていた。

一方、当初昨年11月に世界タイトルの予定がWBA女子アトム級王座統一戦王者アラルコンのヒザのケガで中止となり宮尾は代わりに設定された暫定王座決定戦で、池山との再戦を制して暫定ながら王者に返り咲いた。「この1年はアラルコンのことを考え、生きてきた。ベルトは置いていってもらいます」と決意を語った。

宮尾選手は2016年の池山戦では右ひざ前十字靱帯(じんたい)を断裂し1年半のブランクを作ったがプロ生活は15年を越え「太く短くが長くなったが、もっと太くしたい。4団体のベルトを統一する。その1本目のベルト。あくまでも夢でなく目標」と同級制圧を公言していた。

ワイルドビートボクシングスポーツジム 大阪|豊中

無料体験からはじめてみませんか?